茨城県取手市ゆめみ野の殺人未遂事件。犯人である知人の正体は?

茨城県取手市ゆめみ野という場所で殺人未遂事件が起きた。
犯人は被害者の知人だという。
どんな事件だったのかを見ていこう。

取手市ゆめみ野の事件

まずは、どんな事件だったのかを振り返ってみよう。

1月25日の午前8時半、犯人である知人が被害者の首を刺し、被害男性は首から血を流す怪我を負った。

被害にあった男性は20歳という若い男性だ。

そして、被害者の男性は、首から血を流した状態で、取手市ゆめみ野に住む女性の住宅に助けを求めたという。

この女性と被害者の男性のあいだには関係がなく、見知らぬ仲だったようである。

現場となったのはこの画像の場所のようだ。

現場は茨城県の普通の住宅街といったところだろうか。

そして、この女性は以下のように110番通報をしたようだ。

「見知らぬ男性が首から血を流した状態で家に来て助けを求めにきた。知人にやられたと言っている」

現在は、被害者の20歳男性は病院に運ばれ、怪我の回復を待っている状態である。

犯人の知人の正体は?

犯人の知人については、まだハッキリとした情報は公開されていないが、どのような人物なのだろうか。

まず推測できるのは、若者の男性なのかということである。

被害を受けたのは20歳の男性だ。
20歳の男性の知人ということ、さらにナイフを使った犯行ということで、容易に想像できるのは、年齢の近い男性ということではないだろうか。

この知人については、被害者の男性が顔も名前も知っているため、犯人の逮捕はもう間もなくだろう。

犯人についての追加の情報が公開されしだい、当サイトでも取り上げていく。

終わりに

今回の事件は茨城県取手市ゆめみ野で起きた、20歳の若者が被害者の殺人未遂事件だ。

ゆめみ野の現場の周辺はこのようになっている。

普通の住宅街で起きた殺人未遂。
さらに被害者は20歳。

ということで、付近に住む住民たちは、かなり不安な状態であることが想像できる。

犯人が若い男性で、まだ凶器を所持しているとしたら、今後も周囲では警戒が必要である。

  • 2017 01.25
RETURN TOP