吉井怜の白血病が信じられないほど深刻だった。壮絶な闘病生活まとめ。


11月11日、俳優の山崎樹範(やまざきしげのり)とめでたく結婚した吉井怜さん。
しかし、過去には白血病との壮絶な戦いがあった。
どんな闘病生活だったのかを振り返る。

白血病になるまで

吉井怜さんは現在34歳であるが、芸能界にデビューしたのは14歳
1996年の14歳のアイドルとしてデビューした。
今から20年前である。

ss-13

アイドルとしてデビューしてからは、数々のテレビに出演し、一躍有名になる。
順風満帆に芸能生活をしていけるように思えたが、病気にかかってしまうのはなんと18歳のときである


スポンサードリンク


 

デビューして4年後の18歳のときに、吉井怜さんは「急性骨髄性白血病」という大病を発病してしまう。

急性とついているとおり、この病気は1日〜1週間単位でかなり早いペースで進行してしまう。

急性骨髄性白血病を発病すると、貧血状態が続いたり、発熱したり、鼻血などの出血をしてしまう。
そして、感染病などへの抵抗力も薄れ、身体が危険な状態になる。

この病気と戦うには、「抗がん剤」を投与しなければならない。

そして、抗がん剤による吉井怜さんの闘病生活が始まった。


スポンサードリンク


 

吉井怜さんの闘病生活

18歳という若さで白血病と戦うことになった吉井怜さん。

その闘病生活は深刻なものだった。

吉井怜さんは無菌室に入院し、抗がん剤を投与することになる。

抗がん剤により、髪の毛が抜け落ちてしまったりツメが黒くなってしまったり、色々な副作用が出たようである。
抗がん剤での治療は吐き気・嘔吐などもひどかったはずである。

そんな闘病生活が5ヶ月続いた

そして、母親の骨髄を移植することにより完治。
現在まで無事にいたり、めでたく結婚することができた。

18歳でアイドルとして絶頂期のなかで白血病にかかり、周りが活躍している中で自分は命の危機という状態。
毎日続く吐き気などの副作用。

そんな生活が続いた当時の闘病生活は、自身の中でものすごくつらいものだったという。

その後、吉井怜さんは自身で「神様、何するの・・・」という本を書き、これがベストセラーとなる。

ss-14

この本で書かれていることに、読者たちは本当に感動したとネットでは数々のコメントがなされていたようである。


スポンサードリンク


 

山崎樹範さんと結婚

そして、現在は俳優の山崎樹範と結婚の報道があった。

ss-15

吉井怜さんは34歳、山崎樹範さんは42歳である。
吉井怜さんは自身のブログで以下のようにコメントしている。

「彼は優しさとユーモアに溢れ、なにかと考え過ぎる私を受けとめ、前向きな気持ちに変えてくれます。

いつも素直な自分でいられ、自分には難しいと思っていた結婚というものが、彼と出逢い自然な事だと思えたのです」

本当に幸せそうな吉井怜さんの様子に、闘病生活のことを知っているファンの方々は心から喜んでいるだろう。


  • 2016 11.11
RETURN TOP