【2017年】ガキの使い大晦日SPのテーマは笑ってはいけない科学研究所!!


今年も笑ってはいけない季節がやってきた。
2017年のガキの使い大晦日のスペシャルのテーマは「笑ってはいけない科学研究所」だと判明!
その証拠画像や番組内容などをまとめてみた。

科学研究所の証拠画像

毎年、このシーズンになるとガキの使いのメンバーは、笑ってはいけないSPのロケをするわけだが、もちろんロケではバスを使うため、地方などに住む人々がそのバスが走っているところを見つけてTwitterなどで画像をアップロードしてしまうのだ。

そのため、番組側が公式発表をする前に、笑ってはいけないSPのテーマが分かってしまう。


スポンサードリンク


 

そして、今年のテーマとしてTwitterに上がっている画像がこちらである。

ss-72

「ガースー黒光り科学研究所」である!

この他にもかなりの数のTwitterユーザーにバスが発見されているようだ。

 

 

毎年発見されてしまうガキ使のロケ。

番組側としては、公開間近までテーマを隠しておかないと視聴者の期待値を上げられないが、バレてしまうものはしょうがない。


スポンサードリンク


 

科学研究所のロケ地

さて、目撃された場所、つまりロケ地であるが、ロケ地の情報も詳細に分かっている。

埼玉県の狭山市にある狭山市立東中学校がロケ地だそうだ。

ss-73

ロケ地選びは番組のスタッフたちもこだわりがあるとのことだ。

まず、番組では夜に「驚いてはいけない」という企画をやるために、夜でも大きな音を出しても怒られないような田舎の場所を選ばなくてはならないそうだ。

そして、もちろん一日中ロケをするため、一日中貸し切れるところでなければならない。

今回の狭山市立東中学校は、2016年3月31日で廃校となってしまった学校のようだ。

ガキ使のロケ地として最適な場所かもしれない。

この学校付近にいた埼玉県民たちはガキの使いのバスを見つけて喜んでいたようだ。

今回のTwitterでのガキ使バス発見の報告はかなり多くの数になったようである。


スポンサードリンク


 

ネットでの反応

このガキ使バス発見の報告でのネットでの反応を見てみよう。

「今年もやるんだね!!やった!!」
「中学校で科学研究所できんのか?笑」
「科学研究所って!!w 梅宮辰夫でてくるかな〜〜」

今年も笑ってはいけないSPがやると分かって、多くの人が喜んでいたようだ。


  • 2016 11.07
RETURN TOP