東名高速道路の事故現場画像や通行止めの情報まとめ。神奈川県大井町の事故。

3月2日の午前9時半ごろに東名高速道路で衝突事故がありました。

5台の自動車が衝突する事故となっており、現場の画像が公開されて話題になっています。

死亡者は出ていません。

現場の画像などをお伝えしていきます。

事故の概要

それでは、事故の概要から見てみましょう。

スポンサードリンク



 

2日午前9時半ごろ、神奈川県大井町の東名高速道路で車が横転し、計5台が絡む衝突事故があった。

また、日本道路交通情報センターによると、この事故の影響で午前11時45分現在、東名高速道路下り線の厚木ICから大井松田ICで通行止めが続いているという。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170402-00000017-nnn-soci

2時間が経過した11時45分になっても現場周辺では通行止めが続いているようです。

衝突した車は5台で、けが人は13人

死亡者はなしとの報道が入っています。

スポンサードリンク



 

現場の画像

それでは、東名高速道路の事故現場の画像を見てみましょう。

まずは高速道路の周辺の地形などの情報です。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170402-00000017-nnn-soci

このように森や畑などに囲まれた土地のようです。

この東名高速道路は神奈川県大井町にあります。

神奈川県大井町は以下の地図の位置にあります。

下の方には小田原市があります。

神奈川県の下のエリアに位置する町ですね。

スポンサードリンク



 

他の現場の画像も見てみましょう。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170402-00000017-nnn-soci

この画像の真ん中のシルバーの車は、車の前方部分がへこんでいるのがわかります。

さらに上の方の道路は、コンクリートが破損しているのも確認できますね。

引用:Yahoo!ニュース(https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170402-00000017-nnn-soci

そして、おそらく衝突した車の中で一番大きな被害があったのはこちらの紺色の車です。

この車は前方が破損して、窓ガラスも割れているのがわかります。

スポンサードリンク



 

通行止めについて

現在も通行止めが続いている東名高速道路ですが、Twitterユーザーの提供している通行止め情報をまとめていきます。

まずは通行止めとなっているエリアについてです。

ニュースで報道されているとおり、東名高速道路下り線の厚木ICから大井松田ICで通行止めが起きています。

このツイートの赤いラインの部分がそれに当たるようです。

かなり長距離での通行止めが起きているようです。

 

こちらのユーザーのように、通行止めの渋滞をやっとの思いで抜けることができた人もいたようです。

事故の直後の通行止めは大変だったようですね。

 

こちらのTwitterユーザーさんは事故が起きた道路の反対車線を走っていたようですが、通行止めにより事故が起きた方の車線はスカスカだったようです。

このように、通行止めは現在も続いている様子です。

スポンサードリンク



 

  • 2017 04.02
RETURN TOP