東海真之介の窃盗事件がアホすぎる。顔写真や大学の情報まとめ。

10月7日、住宅に侵入して窃盗をしたとして21歳の大学生が逮捕された。
犯人の名前は東海真之介(とうかいしんのすけ)。
クレヨンしんちゃんを思わせる容疑者の名前だが、どんな珍事件を起こしたのか。


スポンサードリンク



 

東海真之介の顔写真

東海容疑者は関西学院大学に通う大学4年生だ。
Facebookのアカウントも確認されており、顔写真も公開されている。

ss-14

ss-15

ss-13

Facebookはこちらである。
東海真之介のFacebook

陸上をやっているとのことで、陸上で走っている写真が多くアップロードされていた。
Facebookでは、動画のシェアなどをするだけで、自身の投稿はあまりしていなそうだった。
なかには、ワンピースのWANTEDという投稿もしており、今回の事件で本当にWANTEDになってしまったようだ。

ss-16

そんな東海真之介容疑者だが、どんな珍事件を起こしてしまったのだろうか。


スポンサードリンク



 

東海真之介の起こした珍事件

東海真之介容疑者は、今年の6月に京都にある集合住宅地の5階に住む62歳女性の自宅に侵入した。
ちなみにこの62歳女性の自宅は、東海容疑者の自宅付近だったという。
自宅付近で気軽に犯行をしてしまった東海容疑者。

そして、自宅に侵入したあと、引き出しから6000円を窃盗して出ていったという。
たった6000円のために自宅に侵入までしたのかという事態。
さらにはその侵入時に、自身の学生証と定期券を62歳女性の自宅に忘れてしまうという始末。

この学生証と定期券が逮捕のキッカケになった。
東海容疑者は、この学生証を忘れたことから警察にバレることを恐れ、後日、62歳女性に匿名で謝罪文を送って口止めをしようとしている。
その謝罪文の内容はこのようなものだった。

「拾った定期券を悪用して泥棒をしてしまった。定期券を落とした人にも申し訳ないことをしたので届けてください」

つまり、その定期券や学生証は拾ったものであり、その本当の持ち主に罪をなすりつけるために現場にわざと落としていったものだということを伝えており、学生証に記載されている東海真之介という人物は事件には関係なく、学生証を落としただけであるという主張である。

まずなぜ学生証を事件現場に忘れることがあるのだろうか・・・。

そして、その後も焦って匿名で手紙を送ってしまっている。
学生証が発見されたあとに自分は落としただけだという主張をすればよかったとも取れる。

何にしろ、珍事件である。

匿名の手紙は、手紙と一緒に1万円も同封しており、謝罪して警察に届けないようにさせようとしたのだろうと考えられる。
盗んだ6000円よりも高い1万円を支払うことになってしまったという何とも哀れな結末である。


スポンサードリンク



 

東海真之介は他にも余罪をしていた?

現在、判明しているのは6000円の窃盗のみであるが、周辺の地域では4月〜6月にかけて10件以上の住宅侵入での窃盗が起きており、被害額は40万円に上っている。

これが東海真之介容疑者の犯行なのかはまだ未定である。
これが東海真之介容疑者なら珍事件でも何でもなく、立派な罪である。

 

ネットでの声

この珍事件はネットでも面白がる声が多くあった。

「6000円盗んで1万円返すって。。。4000円の被害じゃねーかしんのすけ〜〜〜!!!」
「しんちゃん、大人になっても窃盗はしないでね。」
「あー、これ40万の他の被害も絶対コイツだろ」

やはり少し面白がられる声が多かったようだ。

  • 2016 10.08
RETURN TOP