東京03がテレビに出なくなった理由。島田紳助がブチ切れて「お前ら潰す」宣言!!

トリオでお笑い芸人として活躍していた東京03。
最近テレビで見なくなった理由は何なのでしょうか?
島田紳助がブチ切れたあの事件が関係していた!!?


スポンサードリンク


 

島田紳助のブチ切れ事件

 

島田紳助が東京03にブチ切れて「お前ら潰す」発言をしたのは、2009年に放送された「オールスター感謝祭2009」での出来事。
この事件により、島田紳助が今だに裏からテレビに出すなと圧力をかけていると一部で噂をされているほどの事件である。

島田紳助は、番組内や番組の途中のCM中に、東京03に対して文句や罵倒を繰り返していたという。
なぜ島田紳助は東京03にぶちぎれたのだろうか?


スポンサードリンク


 

島田紳助がキレた理由

島田紳助が東京03にキレた理由は2つあった。

 

まず一つ目は、楽屋に挨拶に来なかったことだ。
芸能界、特にお笑い芸人は、番組の収録前には後輩が先輩の楽屋に挨拶をしにいくという暗黙のルールがある。
これは、番組内で先輩方にお世話になる後輩芸人たちは特に気合を入れて先輩方に挨拶をしにいかなければならない儀式のようなものである。
しかし、東京03は、「オールスター感謝祭2009」の収録前に、島田紳助に挨拶をしに行かなかったのだ。

挨拶のルールを重んじている島田紳助にとって、挨拶をしに来ない後輩芸人の存在はかなり腹ただしいものである。
さらに東京03という吉本興業の若手の後輩が挨拶に来なかったということで、島田紳助は怒りを覚えながら番組の収録に入ったようだ。

 

二つ目の理由として、東京03が番組の収録中でやる気がなさそうにしていたからである。
楽屋に挨拶も来ないし、生放送の収録中にもやる気がなさそうに見えた東京03に対して、生放送中に島田紳助はブチ切れ。

「お前ら潰すぞ!」
「コロすぞ!」

などという暴言を生放送中に言い放ったという。

 

ブチ切れられた東京03の方は、番組中にガチ落ち込み。
下を向いて落ち込んだような態勢で動かなくなってしまった。

 

この出来事があって以降、東京03は世間で叩かれた。
紳助いわく、東京03は「調子に乗りすぎ」。
確かに、若手としてブームに乗っていた東京03であるが、紳助の楽屋に挨拶に行かなかったり、番組中にやる気のなさそうに振る舞っていたりというのは、島田紳助がキレるのも一理ある。


スポンサードリンク


 

その後、東京03の仕事は減っていく

ブームを迎えていた東京03であるが、今ではテレビで見ることも少なくなっている。

その後、島田紳助と東京03は和解したという話になっている。

  • 2016 10.07
RETURN TOP