田代優くん6歳が軽トラと接触して死亡。母親が泣く姿が悲しい。


10月28日の午前8時、神奈川県の横浜市港南区で軽トラックによる事故が起きた。
その事故で小学1年生の男の子が亡くなった。
亡くなったのは田代優くん。まだ6歳だった。


スポンサードリンク


 

田代優くんの事故

田代優くんは横浜市立桜岡小学校に通う1年生である。
まだ6歳の男の子である。

10月28日は金曜日であり、小学校への登校中だった。
9人の小学生たちと一緒に登校しており、田代優くん以外にも男の子4人、女の子4人の計8人の小学生が怪我をしている。

目撃者の情報は以下の様なものである。

「車3台が事故を起こした。小学生が車に挟まれて意識がない」

 

「車2台とバスの事故があり、小学生が挟まれ、意識がない」

 

「お母さんと思われる方が泣いて、失神みたいにして泣きさけんでいた」

 

「ベランダで洗濯をしていたら、ドーンというものすごい音がした。

驚いて通りに出ると、子どもたち数人が倒れ、母親とみられる女性が泣き叫びながら子どもの名前を呼んでいた。」

田代優くんの母親もすぐに事故現場に駆けつけたようで、田代優くんの名前を泣き叫びながら呼んでいた。
小学1年生の息子さんを亡くしてしまった、本当に悲しい事故である。


スポンサードリンク


 

事故現場の様子

事故は軽自動車が衝突した軽トラックが横転するという激しい事故だったようだ。

以下が事故直後の写真である。

ss-3

軽トラックがぶつかった道路の場所はゴチャゴチャになってしまっている。

前の緑の軽自動車と後ろの白い軽トラックがぶつかった事故のようである。

ss-1

2つの車は前方がボコボコになっている。

さらに白い軽トラックの方はさらにひどい状態である。

軽トラックの方のアップ写真はこちらである。

ss-2

タイヤも取れてしまっているようだ。

ニュースでは現場の様子を以下のように伝えている。

追突された乗用車はさらに前を走る路線バスに追突したが、バスの乗客にけがはないという。

警察が当時の状況を調べている。

現場は住宅や店舗が立ち並び、道路の幅が約6メートルの一方通行の道路で、小学生らは左側の歩道を歩いていた。

乗用車はバスにも追突したようで、3台の自動車が巻き込まれた事故だったようだ。


スポンサードリンク


 

ネットでの声

「6歳の息子を事故で失うのは、お母さんは本当につらいと思います。」
「軽トラの壊れ方やばいな。」
「登校中か・・・。ほんと悲しいですね、こういう事故は。」

事故を悲しむ人々の声が多かった。

 

 


  • 2016 10.28
RETURN TOP