田尻賢一が死刑!どんな事件を起こした死刑囚なのかをまとめてみた。


11月11日、田尻賢一(たじりけんいち)死刑囚45歳の死刑が執行された。
田尻賢一とは、過去にどんな事件を起こした人物なのだろうか。
事件の概要をまとめてみた。

田尻賢一の顔写真

田尻賢一の顔写真はこちらである。

ss-11

田尻賢一は現在45歳。

事件を起こしたのは2004年であるため、今から12年前の話になる。
事件を起こした当時は33歳だった。

死刑が確定したのは2012年。
死刑確定までになんと8年間の時間が経過していた。

田尻賢一は12年間のあいだ刑務所にいたことになる。

そして、2016年11月11日に死刑が執行された。


スポンサードリンク


 

どんな事件だったのか

今から12年前の事件、2004年に起きた田尻賢一の事件はどのようなものだったのだろうか。

そして、なぜ殺人をしてから12年間ものあいだ死刑が行われなかったのだろうか。

まず、田尻賢一の犯行を時系列で振り返ってみよう。

2004年3月 熊本県宇城市で女性を殺害したあと現金などを奪う。強盗殺人を犯した。
2011年2月 熊本県熊本市で女性を殺害したあと現金を奪う。強盗殺人を犯した。
2011年2月 熊本東署に自首。やっと逮捕される
2011年10月 第一審で熊本地裁が死刑の判決が下る。
2012年4月 第二審で福岡高裁は控訴を棄却して、熊本地裁の判決を支持。
2012年9月 被告が上告を取り下げ、死刑判決が確定した。

田尻賢一が殺人を犯した初犯は2004年だったが、このとき田尻賢一が逮捕されることはなかった。

この事件は迷宮入りするかのように思われていた事件だったのだ。

しかし、2011年に田尻賢一はまた女性を殺害して強盗をする事件を起こす。
これで2回目の犯行だ。

その後、事件を起こした月に自首して逮捕された。


スポンサードリンク


 

事件当時の防犯カメラの映像や、事件が起きた場所の画像などを見てみよう。

ss-10

ss-9

田尻賢一は2004年の事件から2011年に自首して逮捕されるまでの7年間は逃亡して逮捕されていなかったのである。

よって、逮捕されてから死刑が確定するまでは1年7ヶ月の期間だった。

そして、死刑が確定してから死刑執行までは4年間と3ヶ月の時間がかかった。


スポンサードリンク


 

ネットでの声

今回のこの死刑執行には、ネットでは様々な意見が上げられている。

「これ2004年からの事件なんだな。でも逮捕されてなかった期間があったのか。」
「死刑執行は8ヶ月ぶりだってさ。死刑を行なうまでには4年間もかかるのか。その間の食事とかは税金なんだよね。」
「この死刑囚、自首したんだな。」
「死刑制度ってヨーロッパのほうでは野蛮な制度って言われてるらしいね」

様々な意見がかわされていたが、死刑制度に関する見方も様々あったようだ。


  • 2016 11.11
RETURN TOP