慶応強姦事件の犯人は宋治潤(ソンチユン)!顔写真やプロフィールまとめ。

慶応で集団強姦事件があり、ニュースで大騒ぎとなっている。
そして、ついにその主犯格である人物の実名と顔写真が特定された。
宋治潤の人物像を探っていく。


スポンサードリンク


 

宋治潤のプロフィール

名前は宋治潤(ソンチユン)であり、韓国人である。
現在は大学2年生だが、1年間の浪人をしているらしく、年齢は20歳か21歳であると考えられる。

Webニュースで公開されている顔写真はこちらである。

ss-31

インナーはオシャレ目なシャツを着ており、アウターにはコート、首元にネックレスという服装である。

高校を卒業して大学に合格するまでの間にあった1年間の浪人期間には、代々木ゼミナールに通っていたらしく、代々木ゼミナールのチラシなどでも顔写真と共に宋治潤が紹介されていた。

代々木ゼミナールによる宋治潤の紹介文はこちらである。

ss-32

宋治潤は日本大学第一高校に通っており、1年間の浪人を経て、慶應義塾大学に合格したようだ。
代々木ゼミナールの紹介文には、「授業時間帯とテキストの大切さ」というタイトルで、自身の成功体験を語っていた。

時系列でまとめると、

1,日本大学第一高校を卒業
2,代々木ゼミナールで1年間の浪人
3,慶應義塾大学に入学
4,慶應大学2年生の今、広告学研究会の代表を務める

というようになっている。

そして、広告学研究会の代表である宋治潤が、事件の主犯格となっていたとのことである。

また、宋治潤のインスタグラムのアカウントも確認されている。
宋治潤のInstagram

さらに、宋治潤の母親へのインタビューもすでに行われている。


スポンサードリンク


 

宋治潤の母親へのインタビュー

週刊文春は取材で、宋治潤の実家にインタビューをしに訪れている。
そして、宋治潤の実家にインタビューをしに行ったときに現れたのは、宋治潤ではなく、宋治潤の母親であった。

宋治潤の母親は、玄関からパジャマ姿で現れた

そして、韓国語で以下のようにコメントをした。

「話は聞いているのですが、お話しすることはできないです。

ごめんなさい。私たちの心情も理解してください、心情を」

宋治潤は実家暮らしのため、母親と一緒にインタビューに訪れた実家で暮らしており、事件の話は母親に伝えているようだ。

宋治潤の母親も、事件のことで精神的に披露しているようで、コメントを控えたようだった。


スポンサードリンク


 

宋治潤の友人のコメント

取材により、宋治潤の周辺の人物からのコメントも聴取できている。
宋治潤の友人によると、

「両親は韓国人で、小学校の頃に日本に来たはずです。

高校時代は野球部で、一浪して慶應に入った。

現在2年生ですが、酒に強いことを見込まれ、広研では日吉キャンパスの責任者を任されていた」

とのことだ。

お酒に強かったということで、広告学研究会の代表を2年生ではあるが任されていたとのことである。

 

ネットでの反応

ついに主犯格が取材によって明らかになってきたことで、ネットではほっとする声も多く見られた。
今後、警察の捜査で、主犯格である宋治潤が逮捕される可能性はかなり高いだろう。

早く捕まって欲しいとコメントするユーザーが多かった。

  • 2016 10.20
RETURN TOP