滋賀県警長浜署員のつり天井固めの画像解説。セクハラ批判が殺到・・・。

昨年11月下旬、滋賀県警の男性署員が、女性署員2人に「つり天井固め」をかけたとして批判が殺到している。
つり天井固めとはどんな技なのだろうか。

男性署員のセクハラ

まずこの騒動が起きたのは、滋賀県警の懇親会だったようだ。


スポンサードリンク


 

滋賀県警では人事異動があり、初対面となる署員同士が飲みの場で顔を合わせる飲み会だったのだろう。

懇親会は、滋賀県長浜市の飲食店で開かれたようで、男女25人が参加していたようだ。

そして、その飲み会の場で、男性署員が女性署員2人になんとプロレス技をかけたという。

しかもさらにたちの悪いことに、そのプロレス技をかけられた女性署員の写真を取り、それを参加者で回していたとのことだ。

警察官とは思えないほどの幼稚な行動に、世間はあきれ返っている。


スポンサードリンク


 

つり天井固めとは?

それでは、男性署員のかけたプロレス技である「つり天井固め」を画像解説していこう。

つり天井固めとは、下の画像のような体勢になる技だそうだ。

SS 28

男性の手と足で持ち上げられ、あお向けになるという、女性にとって本当に屈辱的な行動だったのではないかと推測できる。

さらに、女性署員の2人はスカートを履いていたため、セクハラ行為にも当たる行為だろう。

このつり天井固めをかけられた写真を撮られ、懇親会の参加者で送信されていたのだ。

酷すぎる行為である。

実際の撮影された写真については、ネットなどに出回ることはなかったようで、そこだけは不幸中の幸いである。


スポンサードリンク


 

男性署員の処分

この男性署員の行動については、滋賀県警の県警監察官室が以下のようにコメントしているようだ。

「適切な行為とは言えず、調査を踏まえて厳正に対処したい」

処分の内容などはまだ決まっていないようだが、世間からは厳しい処分が下るように批判が殺到している。

そのような行動をした警察官に権力を振りかざされるのは、市民にとって耐えられないのは当たり前である。

この騒動についてのTwitterユーザーのコメントを見てみよう。

つり天井固めとやらはセクハラこえて暴行レベルじゃないの…?あれ絶対背骨痛いやんけ

セクハラっていうか、暴行…

中学生レベルの嫌がらせだわな……。

ひどすぎ

さらに、懇親会の他の参加者たちにも問題はあるだろう。

男性署員の行動を止めなかったこと。
さらに助長するかのように写真を撮ったこと。
その写真を送信していたこと。

これらの行動にもしっかりとした処罰を与える必要があるだろう。

  • 2017 01.27
RETURN TOP