齊藤弥生さんの顔写真や犯人の正体は?南牧村の遺体遺棄事件を調査。


11月26日、長野県南牧村の畑で人間の遺体が見つかった。

そして、その遺体の身元が特定され、齊藤弥生さん36歳だとわかった。

齊藤弥生はどんな人物だったのか。

齊藤弥生の発見場所

齊藤弥生さんは36歳の会社員で、山梨県甲州市に住んでいたようだ。

しかし今回、遺体が見つかったのは長野県南牧村の野辺山駅というところだ。
山梨県からはだいぶ距離がある。


スポンサードリンク


 

以下が遺体の見つかった場所の地図である。

ss-35

JR野辺山駅から2kmほど離れた場所の畑から齊藤弥生さんは見つかった。

現場の様子はこちらである。

ss-34

あたり一面には畑が広がり、ショベルカーなどの重機を使っての作業となったようだ。


スポンサードリンク


 

齊藤弥生さんの顔写真

この死体遺棄事件は、おそらく殺人事件ではないかと考えられる。

自殺だったとしても、自分の死体を畑に埋めることができないからだ。

つまり、齊藤弥生さんは殺人事件の被害者である可能性が高い。

そのため、まだ顔写真などは公開されていないようである。
齊藤弥生さんのFacebookやTwitterなどについては、調べたところおそらくアカウントを所有していなかった。

顔写真は公開されしだい、ここに乗せておく予定である。


スポンサードリンク


 

死体遺棄事件の犯人像

この死体遺棄事件は、おそらく殺人事件だろう。

そして、この事件は以下のような特徴がある。

1,何者かがショベルカーを勝手に使って遺体を埋めた可能性が高い
2,死後、そんなに時間が経過していない
3,現場から2km離れた場所で、全焼した乗用車が見つかった

この3つの手がかりは大きいだろう。

まず、ショベルカーを勝手に使って埋めたと言っても、初心者がショベルカーをいきなりコントロールできるのはまず無理である。
つまり、畑仕事などでショベルカーを使い慣れていた人物ということになる。

さらに、全勝した乗用車には物的証拠が期待できる。
犯人につながる何かしらの証拠が見つかれば、犯人逮捕に大きく近づくだろう。

 

終わりに

この死体遺棄事件は、まず遺体が見つかった畑の持ち主がすごく驚いたのではないだろうか。

畑の持ち主は、畑から人の足が出てきたというように警察に通報したらしい。

気が動転してもおかしくない状況である。

そして、まだ犯人は捕まっていないことから、周辺の住民も怖がっていることだろう。


  • 2016 11.29
RETURN TOP