大崎市でJアラートが誤作動。ミサイル発射アナウンスに住民は驚きの声。

4月19日の午前8時28分ごろ、宮城県大崎市でミサイル発射を知らせるJアラートが誤作動してしまったようです。

ミサイルが発射するというアナウンスに住民は大慌て。

何が原因だったのでしょうか。

ミサイル発射アナウンス

まずは以下のようなアナウンスが流れたようです。

ミサイル着弾する恐れがあるから屋内に避難して下さい

スポンサードリンク



 

ミサイル着弾の恐れが!というアナウンスが街中に流れたら、かなり驚きますよね。

このアナウンスは8時28分ごろにいきなり流れ始めたようで、宮城県大崎市で仕事をしていた人などは大パニックだったようです。

結局、数分後には、試験放送ですというアナウンスが流れ、事態は収まった様子でした。

スポンサードリンク



 

Twitterは大荒れ

この誤報により、大崎市民はTwitterで大パニックの様子や、誤報に対しての苦情をTwitterに書き込んでいたようです。

一部のツイートを見てみましょう。

 

想像以上に恐怖の瞬間だったようですね。。。

日本終わった!!!と思った方もいたようです。

最近は北朝鮮のミサイルの報道も多く、本当に着弾してしまうと思ってしまいますよね。

スポンサードリンク



 

原因は?

今回の誤報の原因などは、宮城県大崎市のホームページでも説明されています。

1.今回の誤放送の原因

J-ALERT機器整備作業においてテスト実行し、動作連携を確認する予定でした。その際にテスト設定作業に誤りがあり、通常時の動作にて大崎市全域に一斉放送がされてしまいました。

引用:大崎市ホームページ

Jアラートのテストをしようとしていたところが、配信先を大崎市全域に設定してしまっていたようですね。

この誤報後は、繰り返し誤報だったというアナウンスを市全体に行っているようです。

スポンサードリンク



 

  • 2017 04.19
RETURN TOP