岡田有希子の自殺説の真相!脳ミソの写真や遺書についても徹底解説。

18歳で亡くなった伝説のアイドル岡田有希子さん。
その死因には自殺や暗殺など様々な説が流れていた。
そして、30年間の時を経て、その死因の真相が解き明かされる。

岡田有希子さんのプロフィール

まずは岡田有希子さんがどんな人物だったのかを振り返ってみよう。


スポンサードリンク


 

こちらが岡田有希子さんの顔写真である。

ss-71

ss-72

その圧倒的な可愛さから、当時はテレビなどで大活躍をしていたアイドル的存在だった。

それでは岡田有希子さんのプロフィールを見てみよう。

芸名 岡田有希子
本名 佐藤佳代
生年月日 1967年8月22日
出身 愛知県名古屋市熱田区
職業 歌手、女優
愛称 ユッコ

そして、岡田有希子さんは今から30年前、当時18歳のときに亡くなってしまう。

全盛期の活躍を見せていた岡田有希子さんの死亡は、世間を大きく騒がせていた。

それでは、岡田有希子さんの自殺説が本当なのかを検証してみよう。


スポンサードリンク


 

死因は自殺なのか

まず岡田有希子さんは亡くなる前に一度、自殺未遂を起こしている

自宅でガスとリストカットによるものだったようだ。

しかし、この自殺未遂事件では一命を取り留めた。

そして、病院に運ばれて無事を確認された後、事務所に帰って関係者が事情を聞こうとした。
その事務所で関係者が目を離したときに、岡田有希子さんは事務所の屋上から飛び降り自殺をしたと報道されている。

しかし、やはりこの時代のマスコミには捏造の情報も多く、この自殺説が本当なのかどうかという点で当時は議論になっていたようだ。


スポンサードリンク


 

脳みその写真について

ネットで検索されているワードに「岡田有希子 脳みそ」というワードがある。

これはどういった意味なのだろうか。

それに関係しているのが、飛び降りた岡田有希子さんの遺体を撮影したカメラマンがいるということである。

そして、その遺体の写真がそのワードの真相とのことだ。

しかし、現在はその写真も消去されており、実際の写真は消された。

一説によると、その写真を撮ったカメラマンもその後自殺したとされている。

このカメラマンの自殺騒動は、岡田有希子さんの心霊現象としてネットでは言われているようだが、やはり不謹慎であるということで、この噂をネットに書き込むものには批判が殺到しているようだ。

 

遺書について

岡田有希子さんは亡くなる前に遺書を書いていたという情報が入っている。

岡田有希子さんが自殺を選択したのには理由があったようだ。

そして、その遺書は、ご自身のノートに書かれていたという。

その遺書に書かれていた一つには、峰岸徹というかなり年上の俳優についてのことだという一説がある。

なんでも、峰岸徹という方にもて遊ばれたという噂が飛び交っていたため、そのことなのではないかと推測されているようだ。

実際の遺書のないようについては、ネット上には一切公開されていない。

 

終わりに

岡田有希子さんが亡くなった報道に関しては、本当に様々な噂が飛び交っていたようだ。

そして、当時のマスコミの捏造や、世間で作られたウソの噂がネット上を埋め尽くしている。

今回、12月2日に放送される「爆報!THEフライデー」で、死の直前まで事務所で一緒にいたマネージャーがその一部始終を語ることになるという。

事前に公開されている情報を見ると、やはり自殺説は信頼性のあるものなのではないかという意見が多いようだ。

  • 2016 12.01
RETURN TOP