おでん研究家、新井由己がひき逃げ事故で逮捕。経歴や結婚についてまとめ。

4月16日、ひき逃げ事故の疑いでフリーライターである新井由己(あらいよしみ)が逮捕されました。

おでん研究家を名乗る新井由己さん。

どんな人物なのかをお伝えしていきます。

ひき逃げ事故について

まず、今回のひき逃げ事故についてですが、事故が起きたのは2017年3月で場所は神奈川県湯河原町でした。

88歳の女性をはねて逃走したとして逮捕されたようです。

新井さんご本人の供述は以下のものです。

「人らしい物体にぶつかった認識はあったが、動揺していて事故を申告できなかった」

引用:Yahoo!ニュース

このように供述しているとのことです。

動揺してしまっていたようですね。

ただし、やはりひき逃げはひき逃げです。

スポンサードリンク



 

新井由己のプロフィール

それでは、新井由己さんの経歴を見ていきましょう。

まずは新井由己さんの顔写真はこちらです。

※ご本人のFacebookアカウントからの引用です。アカウントが非公開設定になると見れなくなります。

新井さんは現在は51歳で山梨県在住。

フリーライター、フォトグラファーとして活動していらっしゃいます。

おでん研究家としてフリーライターをしており、日本の食文化、特におでんをテーマに研究を続けて記事にしているとのことでした。

ご自身のホームページも開設していて、「おでん博物館」という名前のサイトになっています。

おでん博物館ホームページ

新井さんは全国のおでんを食べまわり、おでんの研究をしていたようです。

そして、おでんについての書籍も出版しています。

「日本全国おでん物語」という本は1400円(税抜き)で発売されています。

北海道から沖縄まで、日本全国のおでんについての情報が書かれているそうです!

スポンサードリンク



 

新井由己の経歴

それでは、新井さんの経歴を振り返ってみましょう。

現在、新井さんは51歳で、雑誌などに執筆し始めたのは1991年で、25歳・26歳ごろから執筆活動を始めたと思われます。

田舎暮らしだったために、1993年からは2年間のあいだタクシードライバーもやっていたそうです。

そして1997年からは日本を横断しておでんを食べ歩き1999年には「とことんおでん紀行」を初出版したとのことです。

いまから20年前の1997年にはもうおでん研究に目覚めていたのですね。

今までの著書はほとんどおでんについてのものが多いようです。

スポンサードリンク



 

 新井由己のこれから

新井さんはこれからはおでん書籍の出版活動ではなく、廃屋不動産ということを始めようとしていたという投稿がFacebookにありました。

空き倉庫などをリフォームして作り変え、ワークショップなどをできるようにする仕事などをしようとしていたのだろうと思います。

今後の活動を告知するFacebook投稿は以下のものになります。

この投稿は4月14日にされているようです。

事故が起きたのは3月なので、そのあとの投稿になるようですね。

逮捕されたのは4月16日です。

4月16日にもFacebookに投稿をされているようでした。

新井さんのFacebookアカウントはこちらになります。

新井由己のFacebook

スポンサードリンク



 

新井由己の結婚

新井さんの結婚歴については、結婚と離婚を3回したことがあるという情報がネットに落ちていました。

現在、新井さんは51歳です。

そして、山梨県で一人暮らしのようですね。

フリーライターとして、かなり風変わりな人生を歩んでこられた方なのだなと感じました。

  • 2017 04.17
RETURN TOP