ネイマール選手に禁固2年の求刑!年俸10億円のネイマールが詐欺行為!


バルセロナ所属でブラジル代表のサッカー選手であるネイマール選手が逮捕された。

休憩されているのは禁固2年と罰金11億円である。

ネイマール選手に何があったのだろうか。

ネイマールの犯行

ネイマール選手の今回の逮捕は、自身が行なった詐欺行為によるものだったようである。


スポンサードリンク


 

ネイマール選手は、自身の保有権の40%を持つ投資ファンド「DIS」という会社に対してウソの報告をしていたようである。

投資ファンドということは、おそらくネイマールのスポンサーのような役割を果たしているところだろうか。

そしてネイマールは、投資ファンドに対して、自身の移籍金が98億円だったのを67億円だったというように申告したようだ。

これによっておそらく、投資ファンドの取り分が少なくなり、ネイマール選手の取り分が多くなるのだろう。

この詐欺行為により、ネイマール選手には11億円の罰金と禁固2年が求刑されている。


スポンサードリンク


 

ネイマールの年俸

ブラジル代表のサッカー選手のネイマール。
プロサッカー選手でも世界一と言われるブラジル代表。
そのメンバーの1人であるネイマール選手である。

ss-2

サッカー選手としての年俸を調べてみたところ、凄まじい金額だった。

なんと918万ユーロ。

日本円にして、10億5千万円ほどである。

年収が10億円超えである。

この年収でさらに今回の移籍金が実際には98億円だったようだ。

どれだけの大金をもらっているんだということと、それでもまだ詐欺行為をする必要があるのかということで、世間では驚きを隠せない人が多い。

さらにネイマール選手は2015年9月にも脱税容疑で資産が凍結されている。
脱税した金額はなんと19億円。
このときは逮捕までは行かなかったようだ。

やはりブラジルからしてみれば自国の稼ぎ頭。
犯行への罰は甘くせざるを得なかったのだろうか。


スポンサードリンク


 

終わりに

ネイマール選手は脱税や詐欺行為などを繰り返しているようだ。

年収10億円、移籍金98億円のネイマール選手が、なぜお金のことで悪いことをするのだろうか。
やはり人間の欲望はさらに上の金額を求めてしまうのだろうか。

今回、求刑されているのは10億円の罰金と2年間の禁固刑である。
本人にとって10億円の罰金はなんとかなりそうだが、2年間の禁固刑は厳しいものがあるだろう。

現役サッカー選手にとって禁固刑ほど厳しいものはない。

体もなまってしまうだろうし、2年間という期間、ライバルから引き離されるわけである。

もしこれが成立してしまえば、プロサッカー選手としてブラジル代表を名乗るのはもう難しくなってしまうのではないだろうか。

しかし、専門家から見たところ、やはり今回の事件でもネイマール選手への罰は甘くなりそうで、禁固刑はないだろうという見方が強いようである。


  • 2016 11.24
RETURN TOP