元警察官の中野翔太被告の顔写真やプロフィール。犯行動機は不倫と借金?


2015年に強盗殺人事件で逮捕された元警察官の中野翔太被告の初公判が開始された。

中野翔太はどんな人物で、どんな事件を起こしたのか。

顔写真なども含めて解説していく。

中野翔太の顔写真

中野翔太は現在33歳である。
そして、強盗殺人事件を起こしたのは31歳のときのようだ。


スポンサードリンク


 

中野翔太被告の顔写真はこちらである。

ss-29

なんとこの男、元は埼玉県警の巡査部長だった男である。
警察官の男が強盗殺人事件を起こしたということで、この事件は大変話題になった。

元警察官の中野翔太被告はどんな人物だったのかを見てみよう。


スポンサードリンク


 

中野翔太のプロフィール

まずは中野翔太被告の人生を時系列で追ってみよう。

18歳 高校卒業と同時に警察官になる。
25歳 妻と結婚して、その後2人の子供を授かる。
?? 埼玉県警の巡査部長に就任。
31歳 強盗殺人事件の容疑で逮捕。
33歳 強盗殺人事件の初公判が開始。

このような流れになるようだ。

高卒で警察官になった後、おそらく20代で巡査部長までになっており、警察官としての職務は一生懸命に全うしていたのではないかと考えられる。

そして、25歳で結婚し、2人の子供まで授かり、周りから見ればかなり幸せな人生だと思われていたのではないだろうか。

しかし、31歳でなんと強盗殺人事件を起こしている。

なぜ中野翔太被告は強盗殺人事件を起こしたのか、その動機についても見ていこう。


スポンサードリンク


 

中野翔太の犯行と動機

まずは2015年に起きたこの強盗殺人事件の内容である。

被害者となったのは、埼玉県朝霞市に住む無職の寺尾俊治さん58歳。

2015年9月3日の午後、中野翔太被告は寺尾俊治さんの自宅に侵入し、ひものようなもので首を締めて殺害した

そして殺害後、現金121万円などを強奪した

以上が強盗殺人事件の内容である。

それでは、なぜこのような事件を警察官である中野翔太被告が起こしたのだろうか?

検察側はこのように述べている。

「被告には不倫関係にある女性がおり、家賃などの支払いを負担。

また不倫を続けるために現金などを借り入れており、これらの支払いのため、犯行を考えた」

中野翔太被告には不倫相手と、その人への家賃を払うために借金を作っていた

そして、これを家族にバレないようにするためには、おそらく借金の返済がどうしても必要だったのだろう。

このことが犯行動機の中心となっているのではないかと考えられる。

不倫相手と借金。

それが、中野翔太被告の犯行動機となっていたと推測されている。

スポンサードリンク

machi

終わりに

警察官が強盗殺人事件を起こすというのはとんでもない話である。

しかも、中野翔太被告には妻と2人の子供がいる。

そんな中で、不倫、借金、強盗、殺人を起こした中野翔太被告の罪は重い。

これから中野翔太被告の初公判が開始される。


  • 2016 11.28
RETURN TOP