【中村進太郎】女子児童をわいせつした男の顔写真や犯行内容まとめ。


2016年8月に中村進太郎容疑者が女子児童にわいせつしたとして逮捕された。
わいせつされた女子児童はまだ10代の小学生だった。
中村容疑者の顔写真や犯行内容などをお伝えしていく。

中村進太郎の顔写真

中村容疑者は板橋区南町に住む36歳の会社員である。

顔写真はこちらである。

ss-28

会社員であるため、おそらく中村進太郎容疑者の会社では今騒ぎになっているだろう。
おそらく、会社に警察が捜査で入り、普段の中村容疑者の様子などを聞き出しているところなのではないだろうか。

おそらく、中村容疑者は会社にかなりの迷惑をかけることになったと思われる。


スポンサードリンク


 

中村容疑者の犯行内容

まず、被害にあったのは小学校高学年の女子生徒である。
高学年ということなので小学5年生か6年生だろう。

被害にあったのは板橋区内である。

女子小学生は、自転車で板橋区を走っている時に、中村容疑者も自転車で女子小学生を追跡

そして、そのまま自転車で女子小学生に近づき声をかける。

女子小学生も自転車を走らせるのをやめて止まったところを、中村容疑者は腕を掴んで服の中に手を入れて上半身を触った疑いがある。


スポンサードリンク


 

中村進太郎は容疑を否認

この事件について、中村進太郎の供述は以下のようなものになっている。

私がしたことではありません。

中村容疑者は容疑を否認。

現在は警察は捜査を進めている。

おそらく、小学生が自転車で走っている時間帯なので、真っ暗な時間帯ではなかったのではないかと推測できる。

小学生がしっかりと中村容疑者の顔を見ていたら、中村容疑者が犯人だと特定することができるのではないだろうか。


スポンサードリンク


 

終わりに

今回、被害を受けた女子小学生はトラウマになってしまうのではないだろうか。

自転車で走っているところを、いきなり36歳の男に近づいてこられ、声をかけられたあとにわいせつ行為をされたというのは、女子小学生からしたらかなり怖かったのではないかと思う。

今回の事件で傷ついた女子小学生への精神的なケアも怠ってはいけないだろう。


  • 2016 11.14
RETURN TOP