南橋浩は借金まみれで女遊びもヒドかった!!顔写真や経歴まとめ。


1億9000万円を銀行から騙し取ったとして南橋浩(みなみはしひろし)容疑者が逮捕された。
南橋浩容疑者には借金があり、そのうえ女癖も悪い性格だったという。
その人物像に迫る。


スポンサードリンク


 

南橋浩はどんな人物なのか

南橋浩は三井住友銀行の大森支店に勤めていた元銀行員で、現在は54歳である。。
大森支店は東京都大田区にある三井住友銀行である。
しかもその支店の副支店長だったということで、地位も高かった。
顔写真はこちらである。

ss-22

この南橋浩容疑者は、かなりの金使いの男であることが推測される。
1億9000万円もの金を三井住友銀行から奪ったわけだが、それが去年11月から今年の6月にかけて、11回の犯行によって総額1億9000万円を騙し取った

11回の犯行というのは、そのときどきに金が足りなくなって、繰り返し犯行に及んだということが考えられる。

そして、何にお金を使ったかというと、不倫相手への養育費や、交際相手へお金を渡していたということである。
不倫もして、交際相手に金も上げて、女遊びもヒドかった。

副支店長ともなれば、年収1000万はくだらないだろう。
そんな地位にあったのにもかかわらず、貯金もなく、1億9000万円もの大金を盗むということは、そうとうの女遊びをしてお金をなくしていったに違いないだろう。


スポンサードリンク


 

ネットでの反応

この事件は、1億9000万円という巨額の詐欺ということでネットでは大きな反響を呼んでいる。

「2億円・・・。どんだけ詐欺ったんだよ。養育費だったら2000万円くらいで済むから、残りの金は全部女遊びだったんだろうな。」
「真面目そうな顔して女癖ひどかったんだな。」
「てか三井住友銀行のセキュリティあまくね?54歳のクソジジイにやられるほどなのか」
「1億で十分だろ・・・。盗みすぎだろコイツ。」

やはり莫大な損害費用に世間は驚いていたようだ。
三井住友銀行のセキュリティに対しても不信感を抱かざるをえない。
54歳の男に数字を操作されてしまうほど甘いセキュリティなのだろうか。


  • 2016 10.12
RETURN TOP