小西威規はどんな人物?銃弾5発を発砲した京都府警には称賛の声。


11月29日の夜、5歳の男の子の頭を切りつけて小西威規(こにしたけのり)が逮捕された。
小西威規容疑者は、6cmのナイフを持っていて、警察の要求に答えなかったために京都府警は5発を発砲。
小西威規とはどんな人物なのだろうか。

小西威規の人物像

小西威規は現在27歳で無職の男である。

住所は「京都市北区衣笠東開キ町付近」とされている。


スポンサードリンク


 

しかし、小西容疑者について公開されている情報はあまりにも少ない
顔写真などはまだ公開されておらず、FacebookやTwitterなどのアカウントも特定できていない。

おそらく、京都府警も銃弾を使った事件になっているために情報公開などに慎重になっているのではないかと推測できる。

しかし、小西容疑者の犯した事件は重大なもので、すぐさま顔写真を公開されるべきものだと批判も殺到しているようだ。


スポンサードリンク


 

小西威規の犯行

小西容疑者の犯行を時系列で追ってみよう。

6cmのナイフで男の子の頭部を切りつける
周辺住民が警察に通報
警察が取り押さえようとするが、小西容疑者は暴れ始める
警察が拳銃を使って威嚇射撃をする
小西容疑者が「撃てるもんなら撃ってみろ」と挑発
取り押さえられなくなった警察はやむおえず発砲し、4発を両足に命中させる

というような流れになっているようだ。

そしてなんと、この被害者となった男の子と小西容疑者には何の関係性もないという。

おそらく無差別に襲ったのではないかということが考えられるだろう。


スポンサードリンク


 

小西威規の動機

この事件には、理解できるような動機がなく、おそらく小西容疑者の身勝手な理由で行われた犯行なのではないかと推測される。

27歳で無職の小西容疑者であるが、日々の生活に満足できないなどの理由なのではないかと思われる。

小西容疑者の犯行動機については、警察が捜査を進めている。

 

京都府警の発砲について

今回の発砲については、京都府警は「正当な発砲だった」というようにコメントしている。

一部のネットユーザーのあいだでは、刃物6cmくらいの武器であれば発砲しなくてもよかったのではないかという意見もあるようだ。

しかし、大半を占める意見はどうやら京都府警の発砲に賛同する意見のようだった。

「ナイフ6cmを振り回されてたらそうとう危険。発砲は正当。」
「4発も両足によく命中させたと思う。」
「ナイフ6cmって思ってるよりも危険だからね」


  • 2016 11.30
RETURN TOP