女児の股間直撃の噴水事故。現場となった靱公園の人工池の画像などまとめ。

大阪市西区にある公園で女児が怪我をする事故が起きたようです。

そのニュースを伝えたのは朝日新聞さん。

そしてそのニュースの見出しには「女児の股間直撃」という文字が・・・。

このパワーワードによりTwitterなどでもトレンド入りして、2ch掲示板などでもコメントが殺到しているようです。

現場となった公園の画像やコメントなどを見てみましょう。

ニュースについて

まずはどのように報道されているのかを見てみましょう。

スポンサードリンク



 

報道したのは朝日新聞さんのようです。

噴水、女児の股間直撃、という文章から始まる記事タイトルにびっくりしたユーザーは多かったのではないでしょうか?

そのタイトルの影響もあり、このニュースはネットでも話題になっているようです。

 

現場となったのは大阪府大阪市西区にある靭公園(うつぼこうえん)という場所です。

靭公園には噴水があり、児童が遊べるような人工池からは噴水が出ています。

その噴水は、噴出していたり噴出していない時間があるようです。

そして、女児は、水が噴出していない状態の時に、噴出口をまたぐように座り込み、噴水の噴出によって股間に水が当たって怪我を負ってしまったようでした。

それでは、現場の噴水の様子を見てみましょう。

スポンサードリンク



 

現場の画像

靭公園の噴水はこのようになっているようです。

引用:朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/articles/ASK4R7GBQK4RUTFL00C.html

こちらの噴水の様子は、事故後に噴出の威力を抑えたときの様子だそうです。

となると、普段はもっと勢い良く噴水が出ていたということになりますね。

そして、噴水が出ていない時の様子はこちらになります。

引用:朝日新聞デジタル(http://www.asahi.com/articles/ASK4R7GBQK4RUTFL00C.html

この様子を見ると、次の瞬間にどこから噴水が出てくるかが分からないような気がします。

おそらく女児も噴水の出てくるところがわからなかったのではないでしょうか?

いきなり噴水が出てきて、今回の怪我につながってしまったのではないかと推測できます。

スポンサードリンク



 

ネットでの反応

このニュースは、Yahoo!ニュースへのコメントや2ch掲示板へのコメントが盛んに行われていたようです。

ネットユーザーがどのようにコメントしていたかを抜粋してみましょう。

親が 気を付けましょう、行政の責任にされないよう …

ーーー

ルールは守りましょう。「子供でも容易に入れる」は遊んでよいという理由にはなりません。

ーーー

可哀想に。。責任は親ですよ。

引用:Yahoo!ニュースのコメント欄

こちらはヤフーニュースのコメント欄から抜粋したコメントです。

やはりこのニュースは、親が噴水に入ってはいけないと注意すべきだったという反応が多かったようです。

噴水遊びは、公園側は「危険です 入らないでください」というように貼り紙で注意を促していたようです。

2chでのコメントは下世話なものが多かったです。

コメントの傾向も、サイトによって大きく異なるようでした。

  • 2017 04.28
RETURN TOP