兵庫県加古川市平岡町土山の第一化学加工工場の火事が酷い。火災現場映像。


12月24日の午前7時、兵庫県の工場で火事が起きている。
工場は全焼しており、火の上がり方がかなり激しい。
火事の現場の状況などをお伝えしていく。

工場の火災現場

火事が起きているのは兵庫県加古川市にある「第一化学加工工場」という場所である。


スポンサードリンク


 

被害は以下のようになっている。

・第一化学加工工場が全焼
・南側にあるマンションの立体駐車場にも燃え移る
・車30台から40台が燃える被害

車が30台から40台も燃えているというのはかなり大きい被害である。

それでは現場の画像を見てみよう。


スポンサードリンク


 

火災現場の画像

まずはTwitterでアップロードされた画像である。

ss-33

炎が激しく上がっているのが分かる。

さらにこの火災現場となった工場の周りには住宅街が広がっており、近隣に住む150人の住民は避難をした。

もう少しわかりやすい画像はこちらである。

ss-35

激しく上がる火の後ろにはマンションが見えるが、この南側のマンションにも燃え移ってしまったようだ。

マンションの状態はこのようになっている。

ss-34

マンションの火は消し止められているようだが、この立体駐車場に駐められていた30台から40台の車が燃えてしまったようだ。


スポンサードリンク


 

工場にはポリエチレンが

この第一化学加工工場では、ポリエチレンが使われていた。

ポリエチレンは燃えると有毒ガスを発生させる。

しかし、現在は有毒ガスの発生が確認されていないようである。

近隣の住民からは以下のような声が上がっている。

「(火が)すごい勢いで、独特の臭いがした
「(玄関の)ドアを開けたら火の手が上がっていて、すぐに逃げました」

独特の臭いがしたと言われており、やはり工場の火災は普通の火災とは違うもののようだ。

煙にはおそらく有毒な成分が含まれているのではないかと推測できる。

この工場を所有する会社は、車やマンションの被害の損害賠償も支払わなければいけなくなるだろう。


スポンサードリンク



 

株式会社第一化学の情報

今回、火災が起きた「第一化学加工工場」の運営会社は、株式会社第一化学という会社である。

ホームページはこちらだ。

株式会社第一化学のホームページ

会社概要はこちらである。

社名 株式会社第一化学
住所 兵庫県明加古川市平岡町土山2-4
代表 狩山謙
社員 20名

社員数20名の工場の会社のようで、ゴム製品などを製造しているようだ。

今回の火災で、賠償する金額はかなり大きいだろう。

 


  • 2016 12.24
RETURN TOP