江歌さんの顔写真や自宅の情報まとめ。江歌さんの母親の言葉に涙が止まらない。


11月3日、東京都中野区で殺人事件が起きた。

被害者は大学院生の江歌(えか)さん24歳。

顔写真や自宅の情報、江歌さんのお母さんのメッセージをまとめてみた。


スポンサードリンク


 

江歌さんの顔写真と自宅

江歌さんは3日、中野区にある自宅の前で男と口論になり、その後刺されて亡くなった。

江歌さんの顔写真はこちらである。

ss-18

私立大学の大学院生で現在は24歳。
とても綺麗な顔立ちで、不謹慎ではあるが、ネットでも江歌さんが可愛いと話題になっていた。

そして、江歌さんの中野区にある自宅の写真はこちらである。

ss-19

一人暮らしの大学院生が住むような普通のアパートである。

このアパートの前で男に刺されて亡くなってしまった。

このアパートの周辺に住むご近所の方は以下のようにコメントしている。

「いい子だった。頭が良くて大学院に行っていた。しっかりしたお子さんに見えた」

性格も良く、顔もよく、頭もよく、大学院に通って将来有望な江歌さんの命が絶たれてしまったこの事件は本当に悔やまれる悲しい事件である。


スポンサードリンク


 

江歌さんの母親のコメント

江歌さんの母親は「weibo」という中国最大のSNSサイトでこの事件に関しての投稿をしていた。
weiboは、日本で言うところのTwitterやFacebookみたいなものである。

このweiboでの江歌さんの母親の投稿を見てみよう。
まずは中国語で書かれた実際の投稿である。

ss-21

そして、この投稿を翻訳サイトで翻訳したものが以下のものである。
翻訳サイトなので翻訳が分かりにくいが、当サイトでも分かりやすく解説したいと思う。

ss-22

まず、冒頭では
「どうして江歌と死に別れなければならないの。」
という言葉から始まっている。

そして、最後には次のように続く。
「いちばん大切なものは命です。江歌がいないなら私は生きていけません。」
こんなに重い言葉を江歌さんの母親は残していた。

江歌さんは家族からもご近所の方からも慕われている本当に良い人だったようだ。
この江歌さんの母親の投稿を見て、やりきれない気持ちになったTwitterユーザーは多かったようだ。

ss-23

ss-24


スポンサードリンク


 

犯人は誰なのか?

江歌さんを殺害した犯人は誰なのだろうか。
殺人があった現場の目撃情報などを追うと、いくつかの手がかりが出てくる。

まず、江歌さんと犯人の男が中国語で口論していたということである。

この時点で、犯人は中国語を話せる、または中国の国籍の人物である可能性が高い。

そして、江歌さんが中国籍であることからも、犯人の男が中国籍である可能性はかなり高いだろう。

さらには、江歌さんが「警察呼ぶよ!」というように日本語でも訴えていたという目撃情報もあり、日本語と中国語の両方が話せる人物なのではないかという見解もある。

そして、Twitterではこんなつぶやきがあった。

ss-25

このTwitterユーザーは、日本語学校に通っていたときの江歌さんの後輩らしい。
つまり、江歌さんは日本語学校に通っていた時期がある。

上記の情報から、日本語学校に通っていたときの友人の男という見方もできるだろう。


スポンサードリンク
machi

 

まとめ

現在は、現場にいた不審な男の目撃情報を集めて警察が捜査を続けている。

目撃はされているため、目撃者に日本語学校に通っていたときの同級生などの顔写真を見せて捜査を進めれば、素早い逮捕につながる可能性は高いだろう。


  • 2016 11.05
RETURN TOP