出羽厚二さんが告発!奈良県警の山本病院医師への暴行がヤバすぎる。


11月15日、岩手医大教授である出羽厚二(でわこうじ)さんが、奈良県警の取り調べでの暴行事件について告発した。
出羽教授の告発によると、奈良県警は取り調べ中に山本病院の医師の容疑者を暴行して死亡させたという。
その告発内容について詳しく見ていこう。

出羽厚二さんはどんな人物なのか

まず、今回の事件を告発することになった出羽厚二さんについてだが、
岩手医科大学で教授として活躍しており、司法解剖なども行なっている方である。


スポンサードリンク


 

出羽厚二さんの顔写真はこちらである。

ss-42

出羽教授は今回、取り調べ中に死亡した医師の遺体の鑑定書を調べ、奈良県警の暴行が原因でこの医師は死亡したのではないかということを突き止めた。

出羽厚二さんのホームページなどをまとめておく。

出羽厚二さんの大学紹介文

出羽厚二さんのFacebook


スポンサードリンク


 

出羽教授の告発内容

まず、取り調べ中の暴行で死亡したとされている医師についてであるが、この医師の男性は当時54歳で、2010年2月に逮捕されている。

男性医師は、2006年に自身が勤務する山本病院で、肝臓の手術ミスをして患者を死なせてしまったということで逮捕されることになった。

男性医師の勤務先の山本病院は、奈良県大和郡山市という場所にある。
山本病院の理事長は山本文夫で、山本文夫も詐欺罪で逮捕されている

そして、取り調べ中に死亡した男性医師は、この山本病院に勤めていたわけだが、このいわくつきの山本病院で肝臓手術のミスで患者を死なせたということで、おそらく奈良県警の取り調べも力が入っていたのだろう。

出羽教授は、以下のような告発をしている。

「下半身に広範囲の皮下出血があり、多数の打撲で生じた可能性が高い。

取り調べで自白させるために暴行し、死亡させるようなことがあってはならない。

県警は真実を隠さずに調べてほしい」

男性医師の遺体には、下半身に多数の打撲のあとが見つかったという。

出羽教授は、奈良県警が取り調べで、男性医師の頭部や胸部を殴打し、傷害を負わせ、死に至らせたという告発状を提出した。

この告発状が真実であるのならばこれは大事件である。
警察が取り調べ中に殺人事件を起こしたということになるからだ。

取り調べが行われたのは2010年の2月で、男性医師が死亡したのは2010年の2月25日。
今から6年半前のことになる。
場所は奈良県警の桜井署という場所である。


スポンサードリンク


 

終わりに

今後、捜査が進むに連れて、当時の奈良県警桜井署での取り調べの状況が分かっていくだろう。

出羽教授の調べの結果では、取り調べ中に暴行が行われていた可能性はかなり高そうに感じられる。

奈良県警の今後の説明などに注目である。


  • 2016 11.15
RETURN TOP