伊達和彦の顔写真やFacebookまとめ。レーザーの勢いがヤバすぎると話題に。


海上自衛隊の自衛隊機に向けてレーザーポインターを照射したとして伊達和彦(だてかずひこ)容疑者が逮捕された。
そのレーザーポインターの勢いがすごいと話題になっている。

伊達和彦はどんな人物?

まずは伊達和彦の人物像についてまとめてみる。

名前 伊達和彦
年齢 55歳
職業 一般会社員

55歳の一般人というところだろう。

顔写真などは報道では公開されていないようである。

ただFacebookはネット上で特定されているようなので、その情報を載せておく。


スポンサードリンク


 

伊達和彦のFacebook

現在、ネット上で特定されているFacebook情報はこちらである。

伊達和彦容疑者と思われるFacebook

住所に川崎市と記入されてあり、本名も一致。

顔写真も55歳くらいと思われるために、このアカウントで間違いないのではないかと思われているようだ。

顔写真はFacebook上で確認できる。


スポンサードリンク


 

伊達和彦のレーザー

伊達和彦容疑者は、レーザーポインターを使って自衛隊機を照射した。

そして、そのレーザーの勢いがすごい。
それがこちらである。

ss-67

こちらは、自衛隊機の中から撮影されたもののようだ。

空から映し出された画像であるが、こんなに遠くから離れていても、緑色のレーザーはくっきりと見えている。

しかもその光の範囲もかなり大きいものだ。

このレーザーポインターでの業務の妨害は、自衛隊機にとってはかなりの迷惑行為となる。

やはり自衛隊機となると、万が一、テロ組織や犯罪集団に巻き込まれる可能性もあるからだ。

今回は55歳の容疑者のレーザーということがわかったから良いが、これが何かしらの事件性があり、銃弾などで自衛隊機を狙ったものなのではないかという推測もされる。

つまり、レーザーが当たった時点で自衛隊機は瞬時に警戒態勢に入るのだ。

それが、55歳の一般人のものだったと分かれば、自衛隊たちの消失感は半端ではない。

かなりの迷惑行為である。


スポンサードリンク


 

終わりに

この事件は、たかがレーザーポインターということでバカにしてはいけない事件である。

伊達和彦容疑者は、日頃からうるさかった自衛隊機への反抗としてレーザーを照射したようだが、騒音問題に取り組みたいのであれば、もっと正式なアプローチをするべきだった。

この事件には、珍事件として注目するネットユーザーや、批判の対象として注目する人々が多かったようだ。


  • 2016 12.01
RETURN TOP