ASKAのタクシー動画を撮影した「チェッカーキャブ」とは?【動画あり】


覚醒剤の使用で再逮捕されたASKA容疑者。
逮捕前にタクシーに乗っていた動画が拡散されて大騒ぎになっている。
その実際の動画と、拡散してしまった責任者についてまとめてみた。

ASKAのタクシー動画

タクシー内で撮影されているのはASKA容疑者がタクシーで自宅へ向かうときの様子である。

タクシーには暴行などの犯罪などの抑止のためにタクシー内の映像を録画するカメラが取り付けられており、今回の動画はその防犯カメラに映った映像のようだ。


スポンサードリンク


 

実際の映像はこちらである。

この動画では、ASKA容疑者は普通に家までの道のりを運転手に伝えているようである。

家の周辺に近づくに連れて、ASKA容疑者が少しずつ口数が増えるようになり、スムーズに家に入れるように運転手に強く指示しているのが分かる。

しかし、覚醒剤の使用によって撹乱状態になっているなどの様子は見られなかった

つまり、この動画は普通の帰宅風景をネットに拡散されてしまったとして、拡散した側が問題視されることになった。

この動画を拡散した人物はだれなのだろうか?


スポンサードリンク


 

タクシー会社 チェッカーキャブ

まず、問題視されるべきはこのタクシーの会社である「チェッカーキャブ」という会社だ。

チェッカーキャブは東京都内でも最大級のタクシーグループで大手の会社である。

ホームページはこちらである。

チェッカーキャブのホームページ

そして、チェッカーキャブは今回の動画が拡散されてしまったことに対して、自社のホームページでコメントをしている。

チェッカーキャブのコメントは以下のものである。

この度、チェッカーキャブ加盟会社の車内映像がテレビ等マスコミ各局にて放送されている事態となっております。

〜〜中略〜〜

また外部への映像提供にあたっては、刑事訴訟法の規定に基づく捜査機機関からの文書による照会に応じて提供する場合、ならびに事故やトラブルの状況及び原因を明らかにするために、その当事者、保険会社、捜査機関に提供する場合のみとしております。

現在、マスコミ各社にて放送されている映像は、当グループ加盟の1社よりマスコミへ提供されたものでございますが、これは上記のような映像提供の事案には当たりません

映像提供を行った社に対しては、グループとして厳罰をもって対応し、記録映像の管理徹底を図らせる所存であります。

チェッカーキャブが何を主張しているかをまとめると、

・このタクシー動画の提供を行なったのは事実である。
・しかし、動画提供はあくまでも覚醒剤の事件に関する情報提供としてというだけである。
動画をマスコミで報道させるために動画提供をしたのではない
今回の動画を報道したマスコミには当グループで罰則をする所存である。

というような内容だった。
どうやら、この拡散問題の諸悪の根源は、報道したマスコミ側にあるようだ。


スポンサードリンク


 

タクシー動画を報道したマスコミ

今回のこの動画を報道した番組は代表的なところを取り上げると以下のとおりである。

「ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)
「ひるおび!」(TBS系)
「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)
「ミヤネ屋」(日本テレビ系)

これらの情報機関には、世間からバッシングの目が向けられている。

確かにASKA容疑者は覚醒剤使用で再逮捕されており、非難の対象になっているが、プライベートなタクシー動画を拡散されるのとでは関係のないことである。

マスコミには謝罪する義務がありそうだ。


  • 2016 11.30
RETURN TOP