愛子さまの激ヤセ拒食症の原因は皇室のストレスや学校でのイジメか?

愛子さまが激ヤセしている写真が報道され、心配の声が広がっています。
精神科医からは、拒食症で危険水域であるという指摘も上がっているとのこと。
愛子さまの激ヤセの原因は何なのでしょうか?

愛子さまの激ヤセ

愛子さまは現在15歳。

学習院に通いながらも15歳という年齢は皇室と言えど様々な問題を抱える時期だと思います。


スポンサードリンク


 

そんななかで、現在は週刊誌から愛子さまの激ヤセ写真が報道されています。

 

もともと愛子さまは痩せ型の体型だったように見えますが、やはり最近報道されている写真は特に痩せているように感じます。

細見だなと感じますが、拒食症とまでは行かない気もしますね。

しかし、やはり普段よりも痩せていることに変わりはないかもしれません。


スポンサードリンク


 

拒食症の原因は?

愛子さまの体調がすぐれない原因としては、精神的なものが原因となっているのではないかと予想されます。

そして、気になるのが去年話題になった学校でのイジメ問題です。

皇室ジャーナリストによると、以下のようなコメントをされています。

「中学に進学された後も1年生の初夏のころから、愛子さまのご登校は不規則になり、

定期試験も休むなど、学校生活への適応が問題視されました」

中学校に通い始めたあたりから、学校への登校が不規則になったそうです。

学校生活への適応が難しかったとのこと。

イジメをされていたとのスクープも話題になりました。

やはり、皇室という特別なバックグラウンドがあるなかで、学習院と言えど12歳〜15歳の中学生の集団に混ざって生活を送っていると、様々な問題が起きてくるのでしょうか。

愛子さまの中学生活はなかなかうまく行っていないのではないかという報道が多いように感じます。


スポンサードリンク


 

皇室という重圧も?

愛子さまのなかで、皇室というバックグラウンドには大きな重圧があるのではないでしょうか?

皇室の人間というだけで、多くの取材陣に囲まれてしまいます。

今回の激ヤセ写真も、ただ学校に登校しているさなかに撮られて週刊誌で報道されてしまいました。

こんなこともストレスになってしまうのではないでしょうか?

自分が学校でいじめられているということを世間で大々的に報道されるということも、一般人でもそんなことをされたらつらいとおもいます。

それが、15歳の中学生の身に降り掛かったと考えると、ストレスに耐えられなくなったという状況が生まれても不思議ではありません。


スポンサードリンク


 

担任の先生の存在

現在、愛子さまを支えている存在として、学校の担任教師が上げられています。

その中でも、50代くらいのベテランの社会科教師と、40代くらいの体育教師でテニス部の顧問の教師は、とくに愛子さまを支えてくれているのではないかと報道されています。

15歳の学生という存在を支えられる教師という存在は愛子さまにとって大きいと思われます。

愛子さまのお元気な姿を見られるといいですね。

  • 2017 02.23
RETURN TOP